日蓮正宗 法泉山日正寺 公式ホームページ

メインタイトル

日蓮正宗について

正しい宗教と信仰

日正寺の紹介

トップページ > 日蓮正宗について

法灯700年の清流

日蓮大聖人様

日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)は、建長5年(1253年)4月28日に、日蓮大聖人が「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」の宗旨を建立されたことにはじまります。 日蓮大聖人は、二度の流罪など多くの法難に遭いながらも、法華経の肝心である南無妙法蓮華経を広め、弘安2年(1279年)10月12日、信仰の根本である本門戒壇の大御本尊を建立されました。 そしてその後、日興上人を第二祖と定め、仏法の一切を付属して、同5年10月13日、61歳をもって入滅されました。

総本山大石寺

日蓮大聖人の入滅後、身延の地頭・波木井実長(はきりさねなが)が、仏法に違背する行為を重ねたため、日興上人は正応2年(1289年)の春、本門戒壇の大御本尊をはじめ一切の重宝をお持ちして、門弟とともに身延を離れ、翌正応3年10月、南条時光殿の寄進により、富士上野の地に大石寺を建立されました。 以来700有余年、日蓮大聖人の仏法は、日蓮正宗総本山大石寺に正しく伝えられています。


日蓮大聖人の教え

日蓮大聖人様御身画

仏法は、今から約3000年前、インドの釈尊(しゃくそん)によって説かれました。 釈尊はあらゆる人々を救うために、50年間にわたって説法し、その最後の8年間で出世の本懐(目的)である法華経(ほけきょう)を説かれました。 この法華経の予言どおり、釈尊が亡くなって2000年後の“末法(まっぽう)”と呼ばれる時代に、民衆を救済する真実の仏さまとして出現されたのが、日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)です。 日蓮大聖人は、法華経の極理である御本尊(曼荼羅)を信仰の対象とし、その御本尊に向かって「南無妙法蓮華経」の題目を唱えることにより、いかなる人も仏の境界に至ることができると説いています。御本尊に対して純真な信仰に励むとき、私たちは必ず一切の苦悩を根本的に解決し、成仏することができるのです。


寺院の意義、法華講について

生振三師塔

日蓮正宗には、総本山大石寺のほか、全国各地に700を超える寺院があります。
これらの寺院は、いずれも日蓮大聖人の仏法を、その地域において正しく守り伝え、弘めていく大事な意義を持っています。 また寺院は、仏(ぶつ)法(ぽう)僧(そう)の三宝がそなわる信仰の道場であり、参詣する人々に真の成仏の道を教え、先祖の追善供養をおこなうなどの役割を担っています。

更に日蓮正宗には、日蓮大聖人の仏法を正しく実践するための信徒の集まりとして法華講(ほっけこう)があります。法華講という名称は、日蓮大聖人が700年前に名づけられたものです。日蓮正宗の信徒は、この法華講の一員として、所属する寺院に参詣し、僧侶の法話や講員同志の体験などを通 じて自らの信仰を深め、社会に貢献する人材になるよう努めています。


日蓮正宗について詳しく知りたい方は、日蓮正宗公式ホームページでも解説しております。
日蓮正宗のホームページはこちらから  >>>  日蓮正宗公式ホームページ  日蓮正宗について

日正寺でも様々な疑問・質問にお答えいたします。先ずはお気軽に寺院までお越しください。
日正寺までのアクセスはこちらをご覧ください  >>>  日正寺へのアクセス

copyright©2011 { 法泉山日正寺 } Real Estate all rights reserved.