日蓮正宗 法泉山日正寺 公式ホームページ

メインタイトル

トップページ  >  日正寺  >  日正寺の沿革

日正寺の歴史

明治26年、香川県讃岐本門寺の檀信徒が江別に、明治27年、愛知県尾張興道寺の檀信徒が石狩國-生振に入植したことをきっかけに、 明治39年、江別町(現在の江別市)に、日正寺の前身となる「石狩教会」が発足しました。
また、既に明治19年に、札幌農学校に進学していた金沢妙喜寺の檀信徒、平野他喜松(ひらのたきまつ)氏と父・力(ちから)氏の協力を得、 大正7年に札幌で開催された開道50周年記念の博覧会を契機に、総本山第56世-日應上人が御来札され、日蓮正宗大布教演説会が開かれ、 そこで多くの入信者を得ました。
札幌市山鼻町の仮事務所を経て、北10条の地に仮布教所が開堂し、そして、大正9年には「日蓮正宗 札幌教会所」が正式に認可設立されました。
あなたの宗旨  日蓮大聖人略傳

クリックで拡大
次頁
A B C
D E F
G H I
J K L
M N O
P Q R
大正7年に、札幌公会堂(現在の札幌時計台)で開か れた「日蓮正宗大布教演説会」の際、実際に街頭で配 られた布教用小冊子。

昭和29年に現在の地(北36条西4丁目)に移転し、昭和59年には現在の大本堂が新築落慶しました。
以来、日蓮大聖人の仏法の法城として、約100年の歴史を歩み、現在も刻み続けています。


昭和31年頃 現在の場所に建つ日正寺、当時の本堂が見える

現在の日正寺
 
昭和 5年12月
徹宵し之を誌す。支那の一角に於いて。
岡崎文吉
札幌同窓会第五十二回報告
岡崎文吉氏が故・平野他喜松氏に宛てた弔文です
※平成17年7月発行の日正寺だより掲載から

日正寺便り掲載の「日正寺の沿革」
日正寺第四代住職当時、秋山海学御尊師(常義院日譽贈上人)が、昭和22年9月、 極めて物資の乏しい時代に、ガリ版刷りで「日正寺便り」を発行し、日正寺の沿革について檀信徒に配布紹介された貴重な遺稿です。
・・・(原文全掲載)

当時発行されたガリ版刷りの日正寺便り
画像クリックで拡大します
日正寺の沿革

略年表でみる日正寺の軌跡

明治19年 金沢妙喜寺の檀信徒  平野力氏・他喜松氏親子が札幌へ移住
明治19年  平野力氏・他喜松氏親子
24年 讃岐国高瀬村中の坊の檀信徒  江別町に移住
27年 愛知県岩倉町興道寺の檀信徒  石狩町生振村に移住
39年 石狩教会所を江別市に設立
明治39年  教会設立副申書
大正 7年 札幌布教所を北10条西1丁目に開堂  (札幌開教記念日)
9年 北10条西1丁目に札幌教会  設立申請
10年 北海道庁より設立許可される
大正9年  北10条に札幌教会開堂
昭和22年 宗教法人日蓮正宗札幌教会所設立
23年 開教30年周年記念法要「日正寺」寺号公称
28年 宗教法人「日正寺」登記完了
昭和32年  日淳上人御来札・御親教
29年 現住所に移転(北36条西4丁目) 仮本堂新築落成式挙行
32年 日正寺法華講結成式並びに総代・法華講役員認証式
34年 日正寺に「法泉山」の山号授与
〃   札幌開教40周年、並びに本堂落成記念法要奉修
36年 宗祖日蓮大聖人六百八十御遠忌記念  日正寺内地に三師塔建立開眼供養奉修

昭和43年頃の日正寺(北36条西4丁目=現在の地)


当時の境内図

43年 札幌開教50周年大法要 本堂増築他完了
昭和43年  札幌開教50周年大法要
58年 宗祖日蓮大聖人七百御遠忌記念 本堂新築落慶入仏法要厳修
61年 日正寺生振分院落慶入仏法要奉修
63年 日正寺生振分院 三師塔開眼供養奉修
昭和58年  日顕上人御親修・御親教
〃   日正寺生振墓苑 開苑法要奉修
平成10年 日正寺札幌開教80周年記念法要奉修
21年 立正安国論正義顕揚750年記念 本堂冷暖房設置完了
昭和61年  生振分院落慶入仏法要
22年 札幌開教100周年記念事業 エレベータ設置完了
〃   札幌開教100周年記念事業 生振墓苑動物供養塔開眼供養奉修
23年 札幌開教100周年記念事業 本堂1F・2Fの障害者・高齢者  授乳者用トイレ改修工事完了
〃   札幌開教100周年記念事業 本堂全面のカーペット敷設完了
平成22年  エレベーター始動式

エレベーター設置完了

動物供養塔開眼供養

1F/2F  トイレ改修工事

本堂全面カーペット敷設

上に戻る

copyright©2011 { 法泉山日正寺 } Real Estate all rights reserved.